second_banner_01.png 院長ブログ 鳥の部屋
【住所】
大阪府堺市北区東上野芝町
2丁184-1

【電話番号】
072-257-2880

HOME > フィラリア予防

フィラリア予防

フィラリア症について

蚊に刺されることで媒介される寄生虫病で、親虫は、肺の血管や心臓の中に寄生します。
フィラリア成虫寄生による目に見える症状(主に、疲れやすい、咳、腹水、突然死などが出てくるまでに、 数年を要するため、初期には感染したことに気付かないことが多い病気です。すでに症状があらわれたときには完治は難しく、対症療法による症状の緩和が長期にわたり必要となります。
しかし、事前に予防をしていただくこと で、フィラリア成虫の寄生は免れることが出来ます。
近年のペットに対する予防意識の高まりで、都市部でのフィラリア症は減少傾向にあります。
しかし、残念ながら当院でもいまだに毎年新たな感染犬がみつかります。
フィラリア症はきちんと予防さえしてもらえれば、たとえいくら蚊に刺されようと恐れる病気ではありません。予防方法も何種類かご用意し、無理なく続けられるものを提案いたします。



投薬期間

投薬期間は最低限、5月下~11月下旬、年7回です。薬の性質上、蚊が出てから1ヶ月後より飲ませはじめ、蚊がいなくなって1~2ヶ月までです。

通常5月下旬から、1ヶ月に1回、11月下旬まで投薬して下さい。
9月頃に投薬をやめてしまうと、「感染していた!」というケースがいくつかありますので、
十分ご注意下さい。特に11月はあまり蚊を見かけることはないかもしれませんが、最後まできちんと投薬しましょう。


投薬量

投薬量は体重によって異なります。
体重により適切な量の薬を飲ませて下さい。投薬シーズン前に体重の測定をお勧めいたします。

犬と一緒に体重計に乗っていただき、自分の体重を差し引けば犬の体重を把握する事が出来ます。

狂犬病予防注射の際に健康診断を兼ねて、病院で体重を量っていただくことをお勧めいたします。

このページのトップへ