HOME > 梅本獣医科からのお知らせ

梅本獣医科からのお知らせ

当院での飼い鳥診察について

予約いただいた時間に来院されましたら、質問票のご記入をお願いいたします。
本日の来院目的をお知らせください。

1. 問診、視診に続いて簡単な身体検査をします。
2. その後以下の検査があります。鳥さんの状態・性格等を含め、ご希望を伺い、
   相談させていただきながら検査項目を選択します。(遠慮なく何でもおっしゃって下さい)
   a. 糞便検査
   b. そ嚢液検査
   c. 血液検査
   d. 遺伝子検査(外注検査):PBFD(オウム類の嘴羽毛病)、BFD(セキセイインコヒナ病)、
                    クラミジア症などの疾病診断や雌雄鑑別
   e .細菌検査(外注検査)
   f. 病理検査(外注検査)          
3. 薬の処方
   栄養指導 

飼い鳥の診察を始めます

飼い鳥の診察を始めました。  
一羽あたりの診察時間を確保させていただきたいので、事前の電話予約をお願い
致して居ります。人員と設備の面より当面は小型の飼い鳥を対象にさせて頂きます。
ご不明な点は、遠慮なくお問い合わせください。       担当 梅本 千聡


今年はノミが多い?

暑さで寝苦しい夜が続いていますね。
そんな夜中にワンちゃんや猫ちゃんが、体をバリバリと掻いてみたり、クチャクチャと噛んでみたり・・・。
それはノミがいるのかもしれません。

ノミは意外と身近なところにいます。多くのノラ猫ちゃんに付いていて、吸血し、卵を産みます。それが草むらなどで幼虫、サナギへと成長し、成虫になったら、また新しい動物にジャンプして寄生するわけです。

なので、猫ちゃんがいるところにお散歩に行く、自宅の庭に猫が入ってくるということがあればノミが付いてもおかしくないのです。

当院でも毎年ノミの予防を呼びかけていますので定期的にノミのお薬を使ってもらっている患者さんが多いです。
でも、うちの子は大丈夫、と予防をされていない方もおられます。
今年はそんな子たちにノミが付いてしまうことが多いように感じます。
「トリミングでノミがいると言われた。」
「初めてノミが付いた。」
そんな声をよく耳にします。

自分のペットにノミがいるのはショッキングですし、ノミはヒトも刺します。
公衆衛生的にも、ウリザネ条虫、猫ひっかき病を媒介し、よろしくありません。

当院では、背中に垂らすだけのスポット剤と呼ばれるお薬や、お肉タイプのおいしい飲み薬などがあり、選んでいただけます。

もし、ペットが体をかゆがっているならよーく注意してノミがいないか見てあげてくださいね。



8月の臨時休診のお知らせ

以下の日程を、8月の臨時休診日とさせていただきます。

8月15日(金)、16日(土)

お間違いのないよう宜しくお願いいたします。

4月の診察時間臨時変更のお知らせ

4月5日(土)の診察時間を都合により変更させていただきます。

従来はAM9:00~12:00の午後休診ですが、

5日のみ臨時変更で午前休診、PM4:00~7:00診察となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご協力頂けると幸いです。

 

 


大晦日からお正月のお休みのお知らせ

大晦日からお正月にかけて、下記日程で休診日とさせていただきます。

平成25年12月31日(火)~平成26年1月3日(金)

お間違いないよう、よろしくお願いいたします。


お盆休みのお知らせ

本年は8月12日(月)をお休みさせていただきます。

その他の日は通常どおりの診察時間です。

よろしくお願いいたします。


年末年始の休診日のお知らせ

今年の休診日は12月30日(日)~1月3日(木)となります。

年末に向け、なにかとあわただしくなるかと思います。 

フード、おくすりなど、お早めにどうぞ。

 

 


梅本獣医科からのお知らせを発信します!

こちらのページでは、梅本獣医科からのお知らせを更新していきます!
よろしくお願いいたします。

<<前のページへ123

アーカイブ

このページのトップへ