HOME > 院長ブログ > カテゴリを追加 > オカメインコのヒナ育て ~挿し餌から一人餌まで~

院長ブログ

< 鳥さん:来院に際してお願いしたいこと  |  一覧へ戻る  |  オウム病 >

オカメインコのヒナ育て ~挿し餌から一人餌まで~

3月生まれのオカメインコを4月に迎え、育てています。
 5月に入り挿し餌を卒業、現在はペレットをしっかり一人で食べてくれるようになっています。

 皆様の鳥さんの食事はどうされていますか?
 混合シード食 総合栄養食のペレット派 でしょうか?

 我が家の飼い鳥は 主食:  セキセイインコ 混合シード食
                   文鳥       ペレット
                   オカメインコ   ペレット  
              副食: 緑黄色野菜を日替わり種で与えています。
                                       セキセイインコにはビタミン・ミネラル等を補充

 犬や猫では、総合栄養食といわれるドッグフード・キャットフードが主食というのが一般的になってきた時代ですが、これは栄養学的なデータに基づいて作られているもので理論上は必要なカロリーやビタミン、ミネラルなどが含まれていますので健康体であれば栄養性の疾患は起きにくいと考えられます。
鳥さんの場合も、ご存知の方も沢山いらっしゃるかと思いますが総合栄養食のペレット製品があります。こういった製品は海外製のものが多く(国産のものもあります)、一般の店舗ではまだまだ入手
しにくい点が難点ですが・・・。ペレット食の利点は、栄養学的見地に基づいて作られていますので
他の栄養素の補充が不要なことです。他にも、換羽、幼若期、内臓疾患用の療法食などステージに合わせた食事を選択できるといったメリットがあります。混合シード製品は配合を考えて作られてはいますが、与えられた量を種類まんべんなく完食した場合に、はじめてその配合どおりの栄養バランスになりますが、やはり好みのシードや嫌いなシードが鳥さんにも当然あるわけで給餌する側が、殻を吹き飛ばしてから補充するなど工夫をすることが必要になってきます。残っているものを毎日総取り換えになると結局毎日好きなシードばかり食べているといった偏った食事になってしまうのが欠点です。とはいえ生きたごはん、皮付き餌は美味しいし、皮むき作業も鳥さんにとって楽しい時間でストレス解消にもなるでしょう。こういったメリットもあるので、我が家のセキセイインコはシード食で育てています。そのかわり、前述したように換羽期や繁殖期にはシードの配合を変えたり、ビタミン・ミネラル剤も各ステージに合わせたものを変えて補充しています。
 
 犬や猫で栄養失調による疾患は、総合栄養食が普及した現代では考えにくいことですが、残念ながら鳥さんにはこういった栄養失調にともなう疾患が多く存在します。ということは、ちょっとした配慮で防ぐことが出来ることがたくさんあるということですので、愛鳥さんの食事見直されてみませんか?

・ ペレット食は、在庫のあるものに関しては試食をお分け致します。ご希望におおじて取り寄せして
  居ります。
・ シード食に補充するべきもの 等 食事相談もお受けします。(電話でのご相談はお受けして
  おりませんので、連絡いただいてから時間枠を設けて来院にてお願い致します。)

小さな身体の鳥さんですが、愛情もって接すればとても大きな愛情を返してくれる素敵な伴侶動物
です。鳥は病気を隠す といわれ発見が遅くなってしまい助けてあげられないことが多いのも事実
ではありますが、だからこそ日々の管理を大切にしていただきたいです。
 すべての伴侶動物は彼らの意志で人に飼われている訳ではありません。人の意志で伴侶動物に
なっているのです。だからこそ彼らの生活環境を整えて愛情を注いであげることは飼い主の義務であると思っています。

これからも鳥さんの生活のためになる情報や、我が家の小鳥情報を発信していきたいと
思って居ります。  梅本 千聡

 次回は 新しい家族 オカメインコのチコリちゃん を紹介します♪
      オウム病 にも触れたいと考えています。
この時期、皆さんの鳥さんは無事換羽乗り切れましたか?



カテゴリ:

< 鳥さん:来院に際してお願いしたいこと  |  一覧へ戻る  |  オウム病 >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ