HOME > 院長ブログ

院長ブログ

白文鳥のふたば 迎えて1年になりました

CIMG0066.JPG



 昨年9月にヒナで迎えて、娘と一緒に挿し餌をし、大切に育ててきた白文鳥が1年になりました。
迎えて数日の写真がこちらです。 全身的にグレー色、嘴はピンク  ちいさなちいさなヒナでしたが
現在は背部にややグレー色が残る羽毛ながら、換羽を乗り越えやっと白文鳥の姿に近づいて
きました。
CIMG0358.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像



オウム病


オウム病 お聞きになったことはありますか?
鳥類に感染する 鳥クラミジア症 、この病原体がヒトに感染するとオウム病と呼ばれます。
 
 鳥クラミジア症は人獣共通感染症(ヒトをはじめとする哺乳類、爬虫類、両生類等でも確認されてい ます)です。ヒトのオウム病は届出伝染病ですが、鳥クラミジア症は届出伝染病ではありませんので
正確な発生率は不明ですが、飼い鳥の診療ではオカメインコ、セキセイインコ、ラブバード類 の
小型インコ類(特に幼鳥)にみられる疾患ですが、最近は清浄化されやや減ってきているようです。

鳥クラミジア症とは・・・
 症状:    さまざまです。膨羽、沈うつ、食欲不振、体重減少や、障害されている器官によって、
         眼(流涙や結膜炎)、呼吸器症状(くしゃみ、鼻汁、咳 など)、消化器症状(下痢 など)
         肝臓の障害から緑から黄緑色をした尿酸を排泄することもあります。
         

 感染様式: 病原体は糞尿、鼻汁、涙液、唾液、呼吸器分泌物などに定期的あるいは断続的に
         排泄されます。
         感染鳥の糞便が乾燥して飛沫したもの、呼吸器・眼からの分泌物を吸入または摂取
         することで起こります。
         巣内で感染親鳥が、幼鳥に餌を与える際にも起こります。
          幼鳥期に感染しても発症しなかった鳥はキャリアとなり、クラミジアは肝臓や脾臓に
         潜み断続的に排泄され、ストレスによって大量に排泄されることもあり、感染源と
         なります
  
        
 診断:    遺伝子検査によるクラミジアDNAの検出です。数日分の便を集めて検査材料にします。

 鳥さんに限らず動物と一緒に暮らすということは、感染症等様々な心配もあるところではありますが、
飼育環境の清掃に務め、定期的に適切な方法で検査を受けてもらうことで良好な関係が保てます。
 我が家も、新しい鳥さんをお迎えする際には先住鳥の健康を守る目的で最低でも2週間以上の
隔離期間を設けて、数種のウイルス感染症と前述のクラミジア症の検査を行い結果を確認してから
接触させるようにしています。我が家にも子供がいますので私を含めてヒトの健康を守る面からも
徹底したいところです。

 以外に知られていないことですが、鳥さんの平均的な寿命。
驚かれる方も多いのですが長く寄り添ってくれるものなんですよ。大型鳥になると数十年、
小型から中型でも10年以上(なかには20年の長寿も)だったりします。 長いお付き合い、
鳥さんとヒトの健康のため検査等も活用されていただけると嬉しいです。

4月に迎えたオカメインコのチコリちゃん。(体を上下逆さまにしてみると野菜の
チコリにそっくりです)。オカメインコはインコという名前で呼ばれますが、オウムです。
上手に写真を撮れず 今回は見送り。 次回の更新時に掲載します♪ 梅本 千聡

オカメインコのヒナ育て ~挿し餌から一人餌まで~

3月生まれのオカメインコを4月に迎え、育てています。
 5月に入り挿し餌を卒業、現在はペレットをしっかり一人で食べてくれるようになっています。

 皆様の鳥さんの食事はどうされていますか?
 混合シード食 総合栄養食のペレット派 でしょうか?

 我が家の飼い鳥は 主食:  セキセイインコ 混合シード食
                   文鳥       ペレット
                   オカメインコ   ペレット  
              副食: 緑黄色野菜を日替わり種で与えています。
                                       セキセイインコにはビタミン・ミネラル等を補充

 犬や猫では、総合栄養食といわれるドッグフード・キャットフードが主食というのが一般的になってきた時代ですが、これは栄養学的なデータに基づいて作られているもので理論上は必要なカロリーやビタミン、ミネラルなどが含まれていますので健康体であれば栄養性の疾患は起きにくいと考えられます。
鳥さんの場合も、ご存知の方も沢山いらっしゃるかと思いますが総合栄養食のペレット製品があります。こういった製品は海外製のものが多く(国産のものもあります)、一般の店舗ではまだまだ入手
しにくい点が難点ですが・・・。ペレット食の利点は、栄養学的見地に基づいて作られていますので
他の栄養素の補充が不要なことです。他にも、換羽、幼若期、内臓疾患用の療法食などステージに合わせた食事を選択できるといったメリットがあります。混合シード製品は配合を考えて作られてはいますが、与えられた量を種類まんべんなく完食した場合に、はじめてその配合どおりの栄養バランスになりますが、やはり好みのシードや嫌いなシードが鳥さんにも当然あるわけで給餌する側が、殻を吹き飛ばしてから補充するなど工夫をすることが必要になってきます。残っているものを毎日総取り換えになると結局毎日好きなシードばかり食べているといった偏った食事になってしまうのが欠点です。とはいえ生きたごはん、皮付き餌は美味しいし、皮むき作業も鳥さんにとって楽しい時間でストレス解消にもなるでしょう。こういったメリットもあるので、我が家のセキセイインコはシード食で育てています。そのかわり、前述したように換羽期や繁殖期にはシードの配合を変えたり、ビタミン・ミネラル剤も各ステージに合わせたものを変えて補充しています。
 
 犬や猫で栄養失調による疾患は、総合栄養食が普及した現代では考えにくいことですが、残念ながら鳥さんにはこういった栄養失調にともなう疾患が多く存在します。ということは、ちょっとした配慮で防ぐことが出来ることがたくさんあるということですので、愛鳥さんの食事見直されてみませんか?

・ ペレット食は、在庫のあるものに関しては試食をお分け致します。ご希望におおじて取り寄せして
  居ります。
・ シード食に補充するべきもの 等 食事相談もお受けします。(電話でのご相談はお受けして
  おりませんので、連絡いただいてから時間枠を設けて来院にてお願い致します。)

小さな身体の鳥さんですが、愛情もって接すればとても大きな愛情を返してくれる素敵な伴侶動物
です。鳥は病気を隠す といわれ発見が遅くなってしまい助けてあげられないことが多いのも事実
ではありますが、だからこそ日々の管理を大切にしていただきたいです。
 すべての伴侶動物は彼らの意志で人に飼われている訳ではありません。人の意志で伴侶動物に
なっているのです。だからこそ彼らの生活環境を整えて愛情を注いであげることは飼い主の義務であると思っています。

これからも鳥さんの生活のためになる情報や、我が家の小鳥情報を発信していきたいと
思って居ります。  梅本 千聡

 次回は 新しい家族 オカメインコのチコリちゃん を紹介します♪
      オウム病 にも触れたいと考えています。
この時期、皆さんの鳥さんは無事換羽乗り切れましたか?



鳥さん:来院に際してお願いしたいこと

  3月に入りましたが、ここ数日気温の低い日が続いています。
 鳥さんをお連れになる際は、防寒対策にお気を付けください。
  ・ 小さなキャリーケース等をお使いの際は、ケースごと入るようなバッグに入れて
  ・ 水入れは、中の水を抜いて空の状態で
  ・ 普段の飼育ケージでお連れの場合は、周りを布などで覆って 
  ・ キャリーケース等でいらっしゃる場合は、普段の飼育ケージの写真をお持ちいただくと
    診察の参考になり助かります。
   
    ご不明な点がありましたら、予約の際お電話でお聞きください。鳥さんの状態によって
   お持ちいただくものを別途お願いすることがあります。 担当: 梅本 千聡

 *往診 につきましてはご相談ください。                  


 







生後5ヶ月 白文鳥のふたば

CIMG0121.JPG


家族です。性別と命名

現在自宅では、二羽の鳥さんと暮らしています。
昨年始めに、長らく一緒に暮らしていたコザクラインコさくらが旅立ってしまい、鳥さんの声が
聞こえない環境がさびしくて新しいヒナを迎えました。
 ちょうどソチオリンピック開催期間中でしたので、そち太と名づけたセキセイインコ
 半年ほどのちにやってきた文鳥ふたば
このそち太、今となってはメスと分かっていますが、歴代我が家の鳥さんはみなメスだったため
オスであってほしいと思って命名しましたが、やっぱりメスで・・・。そち子ではなく、そち太のまま。

鳥さんの性別を、ヒナの段階で見分けるのは難しいです。
成長の過程で、見た目などから判別できる種もありますが、それだけではわからない種も
たくさんいます。そういった場合は、遺伝子検査によって雌雄鑑別を行います。
 ペットショップにいかれても、ヒナで性別記載があることはないですね。犬や猫で性別不明
ということはちょっとありませんし・・・、鳥さんの命名は難しいですね。
どちらでも支障がないような名前にされていらっしゃる飼い主さんが多いような気がします。
 
我が家にはもう一人重要な家族が居ます。今年11歳になるM.ダックスの 音(オト)です。
彼女はとても穏やかで、放鳥中のそち太が背中に乗っていても気にしません。
両目とも視力を完全に失っている彼女(ちなみに耳も聞こえません)ですが、24時間
自由に家の中で自由に生活し、お留守番だってできますし、食事の時間になると
しっかりテーブルの下に待機して催促です。娘の残り物を待っています。

と、こんな家族に囲まれて生活しています。 梅本 千聡 









飼い鳥の飼育相談

とりさんとの生活で、分からないことや困ったことがありましたら何でもご相談ください。
たとえば
 食事内容(シード食、ペレット食、鉱物飼料、ビタミン剤等)
 発情抑制の環境操作
 ヒナ育てで困っていること
  些細な事でも構わないですよ。ご遠慮なく
   
 
 

ノミ、マダニの対策大丈夫?

いよいよ梅雨に入りましたね。気温、湿度が急上昇し、虫たちには快適な季節です。

梅雨になると毎年、ノミが寄生して来院される患者さんが多くなります。

また、行楽地などでマダニをもらってきてしまうケースもすでに見受けられます。

一度、お家の中にノミを持ち込んでしまうとそのノミが布団や絨毯などに卵を落とし、ノミの巣となってしまいます。そうなってからノミ駆除剤を使用しても駆除には数週間から最長で3ヶ月かかることもあるといわれています。

そのため早期の予防が肝心です。

対策は万全でしょうか?

お薬は、それぞれの患者さんによって、スポットタイプ(背中などに垂らすお薬)と飲み薬で選んでいただけます。

詳しくはお気軽にご相談ください。

 


ホームページ公開しました

この度、梅本獣医科はホームページを公開しました。

1

アーカイブ

このページのトップへ